曰本将其称为お祈りパンダ,即祈祷中的熊猫,已经开始发作!
原文/译文如下(黑武士翻译):
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0701/18/news023.html

  お祈りパンダに要注意――McAfeeがウイルス警告

  注意熊猫烧香--McAfee发布病毒警告

  手を合わせて祈るパンダのアイコン。実はウイルスファイルが隠されているという。

  标志是一只双手合十,祈祷烧香的熊猫。里面隐藏着病毒文件。

  お线香を捧げ持って両手を合わせるパンダのアイコンが自分のマシンに现れたら要注意――。セキュリティソフトメーカーのMcAfeeが、ウイルス関连でこんな注意を呼び挂けている。

  如果这样的标志出现在自己的机器里,你就要注意了--。McAfee提醒用户注意有关病毒方面的相关信息。

  McAfeeによると、パンダが祈る姿のこのアイコンは、“W32/Fujacks”というウイルスのファイル。2006年11月以降、复数の亜种が出回っているという。

  据称在其中隐藏的名为“W32/Fujacks”的病毒文件,在2006年11月以后已经出现了多个亚种变体。

  お线香を手に祈るパンダのアイコン初期のFujacksワームは、安易なパスワードを使ったネットワーク共有を通じて拡散し、“.html”“.asp”“.php”などのWebベースファイルに感染。htmlファイルの末尾にiframeタグを付け加える。

  初期症状:用户的密码将通过网络传播出去,并感染“.html”“.asp”“.php”等系统文件。html末尾将被添加iframe相关信息。

  ブラウザでこの感染ファイルを开くと、同ワームの别の亜种がダウンロードされてしまう。最近では、実行可能ファイルとhtmlファイルの両方に感染する亜种も出现しているという。

  打开染毒文件后,其变体就会自动被下载并感染,最近发现了对可执行文件和html文件可同时造成感染的新型亚种变体。

  対策は、まず最新のパッチを适用し、Webブラウザなどのセキュリティホールをふさぐ。そして、ウイルス対策ソフトを最新の状态にアップデートするとともに、不用意に怪しいWebサイトにアクセスしないよう心挂ける。また、ネットワーク共有に、简単に推测できそうな弱いパスワードを使っていた场合は、それをより强固なものに変更することも挙げられる。

  对策如下:首先打上最新的补丁,并打开防火墙。及时升级杀毒软件,不要登陆一些危险性较大的网站。推荐您修改自己的密码,不要使用简单的可以轻易被推算出来的密码。
    ====================================================
    以上是一曰本反病毒网站上的消息,只能看懂大意。
    GOOGLE网站上用お祈りパンダ搜索,约有1,300,000项结果。
    曰本网站LIVEDOOR搜索有 86,000 项。